妊活を見据えた30代の婚活

妊活を見据えた30代の婚活

妊活を見据えた30代の婚活

 

【妊活と30代からの婚活】

 

 

よく「30代から婚活を始めるのは遅い」と言われることがありますが、
その理由の一つとして多く挙げられる事。

 

それは「妊活」です。

 

特に女性の場合は年齢が高くなると、妊娠、または出産に対するリスクがどんどん上がっていきます。
最近になって高齢出産に関わる様々なニュースが取り上げられるようになりましたが、男性にとっても、結婚して子供が欲しいと考える人は多いと思います。

 

実際どうなんでしょうか?データを参考に検証していきましょう。

 

 

30代の妊娠、流産の確率は

 

 

 


※出典 内閣府

 

 

意外ではありますが、生まれる前の方が卵子の数が多く、生まれた時にはすでに三分の一程度になってしまうんです。
更に出生時からも、だんだん減少していく事も分かると思います。

 

結婚適齢期と呼ばれている25歳でも妊娠する確率は20%程度で、30歳を超えたあたりから20%を切り、37歳を過ぎたあたりからさらに下降線をたどっていきます。

 

グラフにはありませんが、今色々と議論されているダウン症が発生する確率も、20代で1000分の1、30代で300分の1、30代の後半になると100分の1、と年齢を重ねるごとに高くなっています。

 

流産率についても同じで、35歳を過ぎたあたりから右肩上がりに推移している事からも、年齢が上がってからの出産はリスクが伴うという事は間違いなさそうです。

 

 

 

 

なるべく早い段階での婚活・結婚、そして妊活

 

30代の婚活は、やはりスピードも重要になってくるという事が、上記のグラフからもわかると思います。
グラフは女性のデータが中心になっていますが、男性も40を過ぎたころからは種となる精子の質が下がっていくといわれています。
見た目や体力的な衰えが無いとしても、体の中はごまかしようが無いのです。

 

という事は、40代同士で妊活を始めようとした場合、想像以上に厳しいものになるのは分かると思います。

 

 

30代,婚活.結婚.方法.アラサー.結婚相談所

 

 

あくまでもデータ上のことなので、全ての人があてはまるわけではありません。
もちろん、何事もなくうまく行くこともあるでしょう。

 

ですが、実際に妊娠した時のリスクと不安感などを考えた時、男性も女性も早いうちに婚活、そして妊活を始めていくことが、その後のためにもベストな事だといえます。

 

30代になって婚活をスタートするという事

 

それは、ただ結婚するという事だけではなくて、その先にあるものに目を向けていく事が必要です。今回の記事は妊活についての記事ではありますが、他にも「自分の親が年老いた時」の事、「10年後の自分はどうなっているのか?」など、そろそろ考えていく時期でもあります。

 

婚活を始めるにあたって、今までを振り返ることと、これからの自分の事についてじっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

◆合わせて読みたい記事

 

>>30代からの婚活を成功させるために〜女性編

 

>>婚活を始めるのが30代では遅い?

 

婚活で結婚した人は使ってます! 結婚相談所の無料一括資料請求 


■婚活を始めようと思っている人は必見!

【結婚相談所サービス比較】


たった一回の入力で、複数の結婚相談所の資料が無料でもらえます。

※公式サイト

結婚相談所ってどんなところ・・?まずは無料で最大10社の資料一括請求



ホーム RSS購読 サイトマップ
結婚したい30代女性が結婚するコツ 結婚相談所の詳細 30代が婚活で結婚するには